電気自動車、日産リーフ!いよいよ発売!!順位



車の未来が、世界の未来がみえる電気自動車。
インフラや価格など課題が多いが、やってみなきゃ普及はしない。

だれかが売らなければ生活に浸透しない。

時代が変わる、時代を変える時がきた気がした。

2009年8月2日に、日産自動車横浜グローバル本社の竣工式に合わせて発表された。一般向け初公開は2009年11月の第41回東京モーターショーで行われた。

このモデルの発表以前には、2008年8月6日にキューブキュービックをベースとした実験車両「EV-01」および「EV-02」が、2009年7月27日にはティーダをベースとし、リーフと同一のプラットフォームを使った実験車両「EV-11」および「EV-12」が公開された。また、公開されていないものも含めると、日産は1年に2, 3台の実験車両を開発していたという。

車名の「リーフ(LEAF)」は、英語で「葉」を意味する「leaf」が由来となっており、植物の葉が大気を浄化することから車名に選ばれた[5]。しかし、アメリカやドイツなどでは「LEAF」という名が他社によって既に商標登録されていたため、それらの企業と交渉して商標権利を取得し、世界統一名としている



ブログの感想、記事に関するコメントはtwitterにお願いします。
※フォロー返し、返信は送れる場合がありますのでご了承下さい。
人気ブログランキング参加中です
┣投票や順位確認はこちらでお願いします
┗気になる他のブログもチェックできます。

【あなたが購入される商品の予言リンク】


【対応ソーシャルブックマーク】この記事をmixiやtwitterに投稿できます。
【日記、ニュース、つぶやき等の最新記事】
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。